本文へ移動

理事長所信

~夢を描き、未来に向かい行動する、時代を切り開く変革者へ~

はじめに

 私は約7 年前に前橋青年会議所と出会い、強い衝撃を受けました。それは、自分のためではなく、この地域のため、そして未だ見ぬ未来のため真剣に 夢を語り合い、 前だけを見据えて行動している青年の姿でした。情熱と志を誰よりも強く持ち、青年らしく本気で挑戦し続ける姿に、私は自身の未熟さを痛感 させられました。そんな気概を持った先輩からの多くの刺激と、熱い想いを持った同志との切磋琢磨により成長をさせていただき、私自身も愛する地域とこの組織を強く発展させたいと強く考えるようになりました。
 私たちが青年会議所運動を行えるのは、戦後間もないころ「新日本の再建は我々青年の仕事である」という、未来のために確固たる使命を持って立ち上がった志高き青年の意思を大切に受け継ぎ、これまで紡いできたからです。昭和・平成、そして令和へと時代が移り変わっても、その使命は未来永劫変わることは決してありません。
 その使命を受け継ぎ、これからも青年会議所として愛する地域の発展に寄与するため、昨年、今後5ヵ年の運動方針を作りました。この運動方針に沿い、未来に対し情熱的な想いを持った会員が集まり、真剣に夢を語り行動すれば、私たちの普遍的な理念である「明るい豊かな社会」が必ずや実現できると信じてやみません。青年会議所というかけがえのない組織に所属している私たちだからこそ、20歳から 40歳までの限られた時間に全力で向き合い、輝かしい未来を描き、夢を語り合い、新たな可能性に向かい青年らしく力強く行動していこうではありませんか 。
 
 
運動方針①【市民意識の改革】
 前橋には潜在的な魅力が多数ある。多角的な視点からその魅力に気付き、行政・地域市民・企業団体とともに大きな魅力に磨き上げていく、そんな前向きな考えに市民全員がなるように。「少ない、何もない」というネガティブ思考から、「これもある、こうしよう」というポジティブ思考に意識を変えられるように。
 
運動方針②【改革者の育成】
 人口減少や超高齢化社会、技術革新に加え、国際化や価値観が多様化している社会。世の中の全てにおいて想像を超える変化が起きようとしている。これまでのやり方や常識が通用しない世の中。そのような中でも共に刺激し合いながら成長し、未来を導ける人材を育成するために。
 

70周年を迎えて

 本年度、前橋青年会議所は創立 70周年という大きな節目を迎えます。私たちの運動に理解と協力をいただいた市民や行政・他団体、そして永きにわたり運動を紡いでこられた先輩諸兄に感謝と敬意を表すとともに、素晴らしき伝統をこれからも引き継いでまいります 。
 そして、 私たちが2015年より開始した取り組みにより、地元の一大行事である前橋花火大会が大きく変わってきました。本年度は花火大会の今後の方向性を示す企画検討に主体として携わり、長年続く伝統行事と私たちの若い力を共生させ、より多くの方々の参画を得られるような事業を展開していきます。

会員拡大こそ青年会議所運動

 会員拡大は私たちの運動の根幹です。それは、前橋青年会議所、JC運動、会員自身のそれぞれの魅力を多くの人々に伝え ることで、共感者を増やすとともに、一人でも多くの志高き同志を増やし、私たちの運動の可能性を広げることができるからです 。
 まずは、地域や市民に対した効果的な情報発信を通じ私たちの魅力を知ってもらうことが、会員拡大の第一歩につながります。地域に対しブランディングを行い、青年会議所運動の原動力強化を図ってまいります。
 ここ数年、会員拡大の取り組みが成功し、会員増加が図れております。 卒業生が多い今年だからこそ 拡大意識をさらに高め、新入会員のフォローも実施しながら100名体制の達成に向け組織全体で拡大運動を進めてまいります。

未来を担う子ども達の可能性を広げる

 今後ますますグローバル化の進展により地 域や国の垣根が無くなり情報や人・物財が行き交う世の中に、そして、技術革新が進み、第4次産業革命という新たなステージに到達しようとしている世の中に 、今まさに変わろうとしています。
 変化のスピードが速い世の中だからこそ、子ども達 自身で課題を見つけ地球規模で物事を判断し行動するという、未知の状況にも対応できる力がますます必要になってきます。
 まずは、子ども達自身が多様化する価値観や文化の違いを理解し、自身の国や地域の良さを改めて実感できる経験を提供します。そして、この地域の未来を担う子ども達の無限の可能性を広げるために、世界そして未来にまで目を向けた幅広い視野を持ち、夢を描き、それを叶えるための思考力と実践力を育みます。

未来を切り拓く創造的な破壊が起こる共生社会へ

 多くの文化や価値観が入り乱れ、もの・情報をシェアする世の中、そして多種多様な人材による地域づくりが活発化している世の中、これまでには無い新たな価値を見出す、その重要性が今まさに試されています。
 このように多様化する社会で運動を行う青年会議所にとって、私たちが持つ独自性を活かすだけでなく、市民や行政・各種団体と共生し、互いに持っている良さを活かし、結び付け、更に昇華させていく必要があります。
 私たちの住み暮らす地域において、新たな価値を自らで創れる人材が増えることは、明るい豊かな社会の実現を可能にします。地域の発展、そして私たち自身の発展のためにも、 地域の現状を知り、互いに刺激をし合い、イノベーションを実現できる人材を育成していきます。
 また、2020年2月には前橋市長選挙が行われます。政治選択の機会に積極的に参画していく意識を醸成するために、そして市民一人ひとりが自身の地域の未来を見つめ直す機会として、市長選挙に伴う公開討論会を実施いたします。

おわりに

 「志」とは、自分以外を思い、ある方向を目指す気概や信念です。その未来を切り拓く目指すべき方向こそ、「夢」なのです。私たちは既に志を高く持った青年の集まりです。70周年という節目だからこそ、紡いできた志を強く受け継ぎ、夢を持ち、未来を切り拓いていきましょう。

 そして、時代の移り変わりによって直面する青年会議所自体の課題を真摯に捉え、青年会議所としての可能性を最大限に拡げるために、時代に即した勇気ある変革を実行し、地域や会員に対しさらに魅力ある組織にしていきましょう。
 
 地域、市民、そして私たちJAYCEEは、未来への無限の可能性を秘めています。その可能性を開花させる存在が青年会議所であると信じてやみません。私たちが真剣に夢を描き、夢を語り合って変革を進めれば、必ずや明るい豊かな社会が実現できると確信しています。
 
 永きにわたるこの青年会議所に感謝と敬意を表し、創始より受け継がれた志を胸に秘め、未来への変革者として全てのために全力で邁進することを固く誓い、そして全会員の皆様にご協力をお願い申し上げ、理事長所信とさせていただきます。
TOPへ戻る